住生活のケア : 居心地の良い住空間づくり

快適な住空間づくりのためのポイントとして、「温度管理」「通風・換気」「住まいと色使い」などがありますが、今回はそれらの重要性についてお話ししたいと思います。

 

【温度管理】

住まいの快適性を左右する重要な要素は、室内の温熱環境です。
夏は涼しく、冬は暖かく、そしていつもクリーンな空気を保つようにするのが理想ですが、エアコンなどの普及により暖かい空気は上に、冷たい空気は下に集まり室内の上と下で温度差が生じやすくなります。
一般的に、この温度差が3~5度以上になると、不快さが増してきます。
但し、床付近の温度が高く、上部の温度が低い場合は温度差が10度程度あっても、不快さを感じにくなります。(頭寒足熱)
そのため特に冬場は、部屋間の温度差、上下の温度差をなくし、身体への負担を少なくすることが大切です。
更に、浴室やトイレなど極端な寒さは高齢者には大変危険です。

急激な温度変化により身体が影響を受け(ヒートショック)血圧が急変し、脳卒中や心筋梗塞などの原因にもなると考えられています。
対策としては、冬のエアコン(暖房)の場合は床暖房やホットカーペットを併用すると、室内が万遍なく暖まり、夏のエアコン(冷房)の場合は扇風機やサーキュレーターなどで室内の空気を撹拌することで、足腰の冷え過ぎを緩和することができます。
また、暖房器具を窓際に置くと冷やされた空気が暖められ、室内の温度にムラができにくくなります。

 

【通風・換気】

curtain1昨今の日本の住居は気密性が増し、冬でも暖かく過ごせるようになってきましたが、適切に換気・通風しなければ室内の空気は汚れ、冬場は結露が生じてカビの発生、ダニの繁殖を助長してしまうことがあります。
また、空気の開口部の大きさや場所によっても室内の通風が変わり、一般的に出口より入口が大きい方が空気の流れが速くなります。

 

 

【住まいと色使い】

住まいを居心地の良いものにしていく上で、見た目の色から受ける印象を上手に活用するのもポイントです。

たとえば、天井の色が明るいと部屋の天井が高く広い印象を受け、反対に暗いと天井が低く見え落ち着いた印象を受けます。

living1
床の色が明るければ開放的な印象となり、暗いと落ち着いた印象になります。
また、壁の色が明るければ広い印象となり、暗いと狭く見えます。
部屋に置くインテリアであれば、寒色系のものにすると部屋は広く見えますが、寒々しい印象になります。
一方で暖色系にすると温かみが増す反面、部屋は狭く見えます。

部屋を広く見せたいが寒々しいのは嫌だという場合、カーテンにベージュなどの暖色系の中で薄い色を使うとバランスがとりやすいなど、工夫するのも楽しいですね。

こうした色が持つ視覚的な効果を自分の好みに加えて組み合わせることで、より居心地の良い住まいづくりが実現できるのではないでしょうか。

次回は「家族のケア」についてです。お楽しみに!