【ハウスクリーニング:浴室編】日常のお手入れについて

2015年6月25日

◆入浴後の浴室のお手入れ

浴室はみずまわりの中でも汚れが蓄積しやすく、カビも発生しやすい場所です。
主な汚れは水あか・湯あか、石鹸カス、金属石鹸、黒ずみ、赤しみ、ぬめりなど様々な汚れが積み重なっています。
こうしたよごれの対策として、普段からまとまった掃除時間は確保することが出来なくても、汚れのスピードを遅くするための最低限のケアであれば1日に約5分あれば実践できます。
ぜひ、参考にしていただき実践してみてください。

実施するのは、その日一番最後に入浴した方です!!

 

<入浴後の浴室手入れ(カビ対策)>

  • 入浴後、浴槽のお湯の排水を早めに実施する(お湯を排水しない場合、浴槽にふたをすること)
  • 浴室内を簡単にこすり洗い(洗剤不要)し、冷水シャワーをかける
  • タオル、スポンジなどで余分な水滴を拭き取り、換気をする(窓、換気扇)
  • 水で薄めたエタノールをスプレーする(週1回程度)

 

鏡の鱗状汚れも、水道水中のカルシウム・マグネシウム分が石鹸カスと結びついて固い金属石鹸となったものです。上記のお手入れで汚れの蓄積スピードは遅くなります。水(湿度)がなければカビは繁殖できませんし、鏡の鱗状汚れも蓄積しません。

もし、全てを実施するのが困難であれば水滴の拭き取りと換気だけでも有効ですよ。

ぜひ、ご家族で協力しあって実践してください。

 


*浴室クリーニング関連コラム*
【ハウスクリーニング:浴室編】浴室の掃除 豆知識
【ハウスクリーニング:浴室編】浴室清掃の流れ


06-6136-8448平日 10:00-19:00