片付け・収納のコツ

収納

片付け・収納のコツ

「家事が苦手で家が片付かない」、「忙しくて家を掃除する暇がない」「片付けても、すぐに散らかってしまう」など、なかなか片付けをすることができないとお考えの方がいらっしゃいますね。 でも、ちょっとしたコツや習慣で上記のような人でも家をきれいに保つことができます。

ここでは、そんな片づけや収納などについてご紹介します。

 

本当に必要かどうか?

まず、片付けが苦手な人の共通項は、持ち物が多すぎるということです。

もう何年も着ていない服がありませんか?

旅先で買った置物が飾られずに引き出しの奥に放り込まれていませんか?

勉強しようと取寄せた教材が封も開けられていなかったり。。と。

 

先ずは、要るもの、要らないものを分別する事ですが、これがなかなかできませんよね?

その品物にまつわる思い出、いつか着ると思っている洋服、勿体無いと使わずにおいてある紙袋。。。

ある!!ある!!ある!!

今、このコラムをお読みいただいている「あなた」!

無理に捨てなさいというのではないのです。

私がよくする方法に、迷いがあれば「とりあえず箱」に一旦、避難させるというのがあります。

そして、後ほど、また考えてみる。。

どうして置いておきたいか?「いつか使うかも」というものは捨てます。

よほど高価なもので無い限り、必要になった時に新しいものを買うほうがよいからです。

不要なものを置く場所にも家賃は発生するし、もっと相応しいものを飾れるかもしれないからです。

 

先ずは、ルールを作りましょう

皆さんは、こんなご経験がありませんか?

いつも使うものは何となく手の届くところに無いと不安を感じ、気がつけば部屋のくつろぎスペースには物が散乱している、小包が届いたから開けようと思ったときに(鋏はどこだったかな?)切り傷をした時に(絆創膏は?塗り薬は?)電話中にメモを取ろうとして(ペンはどこに置いたかな?)

片付かない理由の一つとして、取り出したものを元の場所に戻さないということが挙げられます。

取り出したものを元の場所に戻せば、どこに行ったか探す必要も無いし、空間を広く使えます。

そして、片付かない理由の二つ目は、いろんな種類の物が煩雑に置かれているということです。

例えば、洗濯機の回りに洗剤関係をまとめて収納したり、パソコンの接続部品や携帯電話の充電器、筆記用具などの細かな事務用品などはケースにまとめデスク回りに収納するなど、種類(アイテム)ごとに使い易い場所に片付けるということです。

これをルールとして守っていると、同じものを買い過ぎたとか、使おうと思ったら無くなっていたということが少なくなってきます。

 

収納の仕方

上記でも記載しましたが、細かなものはケースなどに同じアイテムにグルーピングして収納します。

衣類などは、重ねて収納すると下のものが取り出しにくく、同じものばかり使うことになってしまうので、畳んだ物を縦に収納していくと、洗濯したものを奥に入れ手前から使うようにします。

ポールハンガーにかける際も、季節ごとやアイテムごとに分けると取り出しやすく、手持ちの衣類がわかり易くなるので、必要以上に購入したりせず最小限のワードローブでスッキリと収納できます。

1

さあ、春はそこまで来ています!!

衣替えも兼ねて、一度お部屋にあるものを見直してみませんか?