冬支度(衣替え)について

    種類

    場所

紅葉の季節がやってきましたね!

冬がすぐそこまでやって来てますが、冬支度はお済ですか?

実際の衣替えの時期についてですが、皆さんはどのタイミングで衣替えをしていますか?

 

タイミングとしては最高気温をチェック!

6月と10月のイメージが強い衣替えですが、実は暦よりも気温に合わせて行う方が実用的です。

まずは今の最高気温をチェックして、必要な衣類を見極めましょう

(最高気温)

15℃ → 厚手のコートやセーター・ブーツなどの準備を

20℃ → 春秋用セーターや薄手のコート準備を

25℃ → 半袖と長袖の分かれ目夏物の準備を

 

服は時期に合わせて分けると便利

必要な衣類は見極めたけれど、どこに収納したかわからなくなって探すのに手間取った・・・そんな事はありませんか?季節に合わせて4種類に分けておくと、必要な時に合った服が簡単に取り出せるようになります。

 

季節に合わせた4種類の分け方としては

・1年通して着る服

・真夏に着る服

・春夏・秋冬用の薄手の服

・真冬用の厚手の服

 

たたんで丸めて収納力アップ

限られた収納スペースは有効に使いたいですよね。型崩れしない服は引き出しの深さにあわせてたたみ、縦に並べば一目で全体が見渡せますね。

オフシーズンの服をしまう際は、収納ケースを縦にして入れると服の重みで収納量が増してしまうので、(厚手のセーターやフリースなど)たたみにくいものは丸めて筒状にするとコンパクトに収納できます。

 

お手入れも忘れずに

服に残ったわずかなたんぱく質の汚れは、シミや黄ばみになり、虫食いの原因にもなります。衣替えの際の洗濯は風呂水を使わず、すすぎの回数を1回増やしましょう。またしばらく履かなくなるサンダルやブーツなども、このタイミングのお手入れがおすすめです。靴箱にしまう前に風通しの良いところに1日置いておくと、カビやにおいがふせげます。

 

服の処分とリサイクル

不要な服はルールを決めて処分

収納できる服の量には限界があります。衣替えは必要な服を見直して整理するチャンスです。といっても不要な服をばっさり処分するのは決断力がいるもの。悩んだ時はルールを決めてみてはいかがでしょうか?

不要な服の処分ルール

・今シーズン1度も着なかった服

・3年間着ていない服

・サイズが合わなくなった服

など、もったいないをリサイクルに変える

それでも思い入れがあって捨てられない服は、写真をとって思い出を残すのも素敵です。Tシャツなど吸水性の高いものは、雑巾にすると無駄なく使えます。

また古着として売れる服は、フリーマーケットやリサイクルショップなどに出してみてはいかがでしょうか?

 

 

*皆さんは衣替えはされますか?時間のない方や整理整頓の苦手な方は、ぜひ一度私どもにご相談ください!