リペアとリフォームの違い

0

こんなとき、どうされますか?

住居の中には、日常的に生活をしていてもキズ・凹みや、シミ・色むらが出来たり、あげくは腐食のため、危険な状態になっている場合があります。

 

そんな時、「リフォームをしてきれいにしよう」と考えはするものの、壁紙や床の張替えなどのために家具を移動する面倒さや、費用がかかりすぎると断念されていませんか?

小さなキズや凹みなどは、大掛かりなリフォームをしなくてもその部分を補修するだけで、見違えるようにきれいになります。

 

そこで、今回は「リペア」と「リフォーム」の違いについてお話しましょう。

 

リペアとリフォームの違いとは

まず、「リペア」とは「修復」、「修繕」という意味です。

例えば、床や壁などの小さな、又は目立ちにくいキズや凹みの部分をきれいに直すということです。

 

そして、「リフォーム」とは「作り直す」という意味です。

こちらも同じように、床や壁で例えれば、古いものをはがして新しいものに交換、又は張り替えるなどの方法によりきれいにすることです。

 

最終的には、いずれもきれいにするのが目的ですが、段取りや費用にかなりの差が出てくるでしょう。

 

プロだからこその補修の質

「美しくする」というのは、単に直してくれるだけのサービスではありません。補修専門業者は「リペア」のプロなので、日曜大工的な技術ではなかなか直しきれない場所まできれいに修復することができます。

 

例えば、フローリングの床やアルミサッシ・木質のドアや建具などの建材のキズを部品交換せずに直したり、凹み、擦り傷、割れ、色むら・しみ、腐食なども部品交換を必要としない補修なら、低コスト・短時間で再生する事も可能です。

 

精神的にも余裕ができる

引越の際に現状回復をしなければいけないけど、大掛かりなリフォームなど費用もかかるし、退去時までに仕事が忙しくてなかなか時間が取れないという方は多いのではないでしょうか。このような理由で部屋が汚いままだと、高額な違約金や原状回復費用などを支払うなどということにもなりかねません。

 

また、毎日の生活の中でも、凹みや割れ、腐食などによって起こるかもしれない、小さなお子様やペットの健康障害や怪我などの心配をしなければいけません。

 

リペアを利用した多くの人が、キズや凹みなど傷んだ箇所の補修をしてもらうことによって精神的に楽になったと感じています。心に余裕を持つことができれば、仕事などに集中することもでき、人生がよい方へ転がっていくということもあるはずです。

 

掃除のアドバイスが聞けるかも!

補修業者は、補修工事のプロです。補修業者に依頼すると、もしかしたら掃除の際の注意点やアドバイスを聞けるかもしれません。補修業者は普段から補修・修繕を生業としているため、「そんなことできれいになるんだ」と驚きのコツも聞けるかもしれません。

これまで気になっていたキズや凹みなどがきれいになれば、家の中の危険性を防げるようになります。

 

清潔感ある家にしよう

このように、リペアの利用にはさまざまなメリットがあります。いつまでも清潔感のある家をキープするために、補修業者、便利屋などの利用を検討してみましょう。